Apple Store(Japan)

2008年08月07日

マイクロフォーサーズシステム フォーサーズが進化 オリンパスと松下電器が発表


オリンパスイメージングと松下電器産業が5日、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラシステムの小型・軽量化を実現するため、従来の規格「フォーサーズシステム規格」を拡張した「マイクロフォーサーズシステム規格」を新たに策定したと発表しました。
フォーサーズシステムは、カメラの小型軽量化、ライブビュー機能、撮像素子が小さいことを利用したダスト対策に有効などのメリットがあります。
特にオリンパスのダストリダクションシステムは、砂漠などの苛酷な環境でも、見事に作動してゴミを振り落としてきれいな写真をとることができた、という記事を以前、写真雑誌で読んだことがあります。
新登場のE−520は、軽量ボディに、手振れ補正搭載、しかも低価格と評判も上々です。

オリンパス デジタル一眼レフカメラE-520レンズキット(有効画素1000万) E-520KIT



posted by tok at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタルカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104361559
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。